Skip to content →

次の一手(将棋)

下図の次の一手を考える。

下図が6八銀の詰めろになっている。そこで6一銀で飛車取りと5二銀成の両方を狙う。

飛車を取れればOK。飛車がどこかに逃げ、5二銀成で詰めろを掛けたとする。

(i) 相手が4一銀(下図)とした場合

4一同成銀、同玉、5二銀、3一銀と進行して、詰めろの形から5二の成銀が銀に戻り、手番が自分に移った局面になる。次は、4二歩が詰めろ(下図)になる。

同金と取ると、同銀成、同玉、5三銀、3一玉、4二金で詰む。従って飛車で銀を取るしかない。

(ii) 4二銀(下図)としてきた場合

4一銀で3二の金を狙う。何もしないと、3二金、同玉、4二成銀 または 3二金、同金、41金で詰む。

相手は2四歩で逃走経路を準備したとする。1三歩として角頭を叩くと、相手は取ると同じ詰みがあるのでこの歩が払えず、角が取れる。

次の一手その2

7一角で飛車取りと5三角成の詰めろを狙う。無視して飛車を取ってこれば、こちらも飛車を取る。相手の飛車は守りに効いていたので、交換すると、相手は詰めろになって、こちらの手得になる。

Published in データ構造

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA